753初めての七五三

  • HOME
  • 初めての七五三

七五三メッセージ

七五三はお子様の成長の証と考えています お子様の性格・その時の状況に合った撮影スタイルでお子様のペースでお子様の「今」をお子様「らしく」写し撮めます 3才のお子様は「今」の時期しか見せない可愛らしさ・むじゃきな仕草・表情を、5才の男の子はキリっとした表情やポーズ・元気いっぱいの「今」をお撮りし、7才の女の子はお着物の姿「美」を求めながらキレイな表情・可愛らしい表情をお子様「らしく」一瞬・一瞬をお撮りしていきます ベーシックな撮影からモダンな撮影まで幅広い感覚と技術で、ご両親の残したいカタチを実現していきます

百年先にも見飽きる事のない1枚になるように、お子さま・ご家族が主役のありのままの「今」を未来に届けられるように、階調表現や色調にこだわり「らしさ」を引き出す技術と見つけ出す感性をバランス良く融合させ優しく温かい光の中で、心地良い構図の整った写真をお撮りしています ただキレイに写っているだけではなく、イキイキとした息づかい・生命の輝き愛情が感じられる写真をお撮り出来るように努めています

七五三メッセージ

七五三とは

男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳にあたる年の11月15日に晴れ着で氏神様に詣でる行事です

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え変わるなど、発育していく上で病気にもなりやすく様々な危険を伴う時期なので健やかな成長を氏神様に祈る事は子供を思う親の愛情の1つと言えるでしょう。

お祝いする年齢は子供の成長に合わせて、数え年でも満年齢でもOKです

数えの三歳では不安なお母さんも多いようです。この時期の成長の具合は個人差が大きいので、お子様に負担をかけないように楽しい思い出を残しましょう お祝いは11月15日にこだわらず、幼稚園・保育園・学校のお休みやご両親の仕事の都合で日程を決められているご家庭が多いです。特に記念写真の撮影はお子様が疲れない様、ゆっくり撮影できる別撮りがお勧めです

前・後写しのススメ

参拝当日は着物を着てお参りするだけでもお子様にとってはハードスケジュールです。せっかくの撮影も疲れ顔では台無しですゆっくり落ち着いた雰囲気の中で撮影できる「前写しや後写し」でしたらお子様のペースでリラックスして撮影できます。自然な感じをお求めの方は、前写しをされる事をおススメします

お祓いの時間は約10分程度 込む時期は数組一緒のお祓いとなります

待ち時間も考慮して時間には充分な余裕をしきたりとしては近所の神社に参るのですが、子供が誕生した土地、お宮参りをした神社、あるいは由緒ある神社にお参りをするのもいいでしょう。付きそう人に特に決まりはありません。みんなで祝ってあげましょう。(予約制ではないところがほとんどです)お祓いのお礼(初穂料)は、三千円〜五千円ですが、子供の人数や神社によって金額が変わりますので事前に確認をしておいた方が当日慌てなくて済みます。現金のままで渡される方が多いようですが、御初穂料と書いたのし袋または白封筒で渡す方が良いでしょう。

お祝いのお返しは、御祝品の半分程度が目安

表書きは「内祝い」子供の名前と年齢を書きます。お参りのあと縁起物の千歳飴や紅白の干菓子お赤飯などを持って近くの親戚やお世話になっている人のところへ挨拶に。ただ、最近は七五三を私的なお祝いとして身内だけで済まされる傾向にあります。お返しをされる場合は、できれば11月中にお届けを。内祝いには礼状を添えるのを忘れずに。晴れ着姿の子供の写真を同封すると喜ばれるでしょう。

お祝いを贈る場合

できるだけ先方の希望を聞いて、七五三にちなむものは遅くても10月半ばに届くように、その他のものは2~3日前に届くようにします

千歳飴は神社で

お供え用に作った麦芽飴が起源でのちに水飴を煮詰めて引いて固め、紅白に染め分けて棒状にしたもので、「百歳千歳(ももせちとせ)」の健康と成長を願う縁起物で長く伸びるところから長寿につながるとして喜ばれています。 753のお祓いしたときに頂けます。お祓いを受けない方でも別売の千歳飴が用意してあるようです。写真館にも撮影用の千歳飴は準備しています

七五三着物☆豆知識

七五三着物☆豆知識

三歳女児

肩上げをした三つ身の着物に帯びを結ばず「被布(ひふ)」という、ちゃんちゃんこを羽織るのが一般的なスタイルです。着物は三つ身 (身長90cm~100cm)の仕立て上がりで襦袢がセットされている物が多いようです 結び帯(すでに結びを作ってある帯)を結ぶ場合は三歳児にはちょっと苦しいので着物時間を短くしてあげた方がいいでしょう。草履も履き慣れないので、お宮参りの時は靴を神社の中まで持参しましょう。お写真を撮る時だけ草履に履き替えさせた方がお子様の負担が少なくなるでしょう。

三歳・五歳男児

羽織袴が一般的なスタイルです。男性の第一礼装である黒門付袴や勇ましい柄の入った「絵羽織」に袴といったいでたちで羽織・着物とも肩上げをします 袴には無地の他、紋袴、縞袴などあります。三才袴サイズは紐下48〜50cm、五才袴は紐下55〜60cm。羽織の紐は決してほどかずに金具の所で、とりはずしましょう。

七歳女児
肩上げした四つ身の着物に本格的な袋帯を結ぶことが一般的なスタイルですが最近は結び帯をされる方がほとんどです。帯の回りにはカラフルナ帯揚げや志古貴(しごき)が加わり、晴れ着としての華やかさをひきたてます。 着物は四つ身(身長120〜135cm)の仕立て上がりで、やはり襦袢とセットされたものが多いようです。

着物手入れと収納の方法

着物は流行に左右されることが少ないので、手入れと保管さえキチンとしておけば、いつまでも美しいままで袖を通すことができます。

☆陰干しをしてから全体のほこりとシミを取りましょう

まず、地物を脱いだら裏返してえもんかけに掛け、日の当たらないところで風を通します。正絹の着物はビロードの布で方・袖口・裾を重点的にたたいて、ビロードに吸着させます。泥はねがあるときは、乾いてから軽くもんだり、シュロ(ヤシ科の植物)製のはけや爪ブラシで丁寧に落としましょう

☆しわが付いたとき

強いしわが付いた場合、必ず裏から低温アイロンをかけ、しわを伸ばします 軽いしわの場合はスチームをあてて、折りじわが付かないよう、丁寧にたたんで収納しましょう。

☆シミがついてしまったら?

ジュースなど水性のシミなら濡れたタオルをシミにあてて吸い取らせ、 化粧品などの油性のシミはベンジンや薄めた中性洗剤でたたいてとりますが、素人がやると輪ジミになることが多いので早めに専門店に出しましょう

福岡市東区周辺の七五三お参り神社

(初穂料はお祓い対象の人数によって変わります)

香椎宮
住所 福岡市東区香椎4-16-1
初穂料 5,000~
ホームページ 香椎宮の七五三参りに関するページ
筥崎宮
住所 福岡市東区箱崎1-22-1
初穂料 5,000~
ホームページ 筥崎宮の七五三参りに関するページ
宇美八幡宮
住所 糟屋郡宇美町宇美1-1-1
初穂料
ホームページ 宇美八幡宮の七五三参りに関するページ
宮地嶽神社
住所 福津市宮司元町7-1
初穂料 5,000〜
ホームページ 宮地嶽神社の七五三参りに関するページ
宗像大社
住所 宗像市田島2331
初穂料 5,000〜
ホームページ 宗像大社の七五三参りに関するページ
太宰府天満宮
住所 太宰府市宰府4-7-1
初穂料 5,000〜
ホームページ 太宰府天満宮の七五三参りに関するページ
住吉神社
住所 福岡市博多区住吉3-1-51
初穂料 5,000〜
ホームページ 住吉神社の七五三参りに関するページ

神社に行く時の正式な参拝方法

1 鳥居をくぐる

神社の鳥居は、「ここから先には神様がいらっしゃいますよ」という目印となっています。神社の一番外にある鳥居から順番に、鳥居をくぐる時は軽く一礼をしてからくぐっていきましょう

2 手と口をすすぐ

手水舎で手と口をすすぎます。神様にお目にかかる前に、身体も心も清めましょう

3 お参りをする
社殿の前まで行ったら「二礼二拍手一礼」が基本です

七五三参りの流れ

鳥居をくぐって参道を進む

1 鳥居をくぐって参道を進む
神社の一番外にある鳥居から順番にくぐって行き、参道に入ります。この時、鳥居をくぐる際には、それぞれ一礼をしましょう。また、参道の真ん中は神様のエネルギーの通り道と言われていますので、道の端を歩くように心がけましょう

手水舎で清める(*全てを最初のひとすくいで行います)

2 手水舎で清める(*全てを最初のひとすくいで行います)
1) 右手で柄杓をとって水を汲み、左手を清めます 2) 左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます 3) 柄杓を右手に持ちかえ、左の手のひらに水を受け、その水を口に入れてすすぐ 4) すすぎ終わったら、水をもう一度左手にかけて清める 5) 使った柄杓を立てて、柄の部分に水を伝わせるように清め、柄杓を元の位置に戻します

礼拝(お祓いを申し込んでない場合)

3 礼拝(お祓いを申し込んでない場合)
神前で礼拝する場合は、賽銭箱の前に着いたら軽く一礼、鈴があれば鳴らします。お賽銭は、投げずに静かに置くように賽銭箱に入れましょう *二礼二拍手一礼 「二礼」:神前に向かって、2回深いおじき 「二拍手」:手のひらを合わせて、右手を少し下にずらしてから拍手。再び手のひらを合わせ、祈念をしてから手をおろす 「一礼」:最後に深いおじぎ

本殿へ(お祓いを申し込んでいる場合)

4 本殿へ(お祓いを申し込んでいる場合)
お祓いを申し込んでいる時は、手水舎の後に社務所へ行き、拝殿や本殿に案内してもらいます。予約ができない神社の場合は直接、拝殿や本殿の近くの受付所にてお祓いのお申し込みをします。謝礼として初穂料を渡します。初穂料は神社によって異なります(香椎宮は¥5,000)ので事前に調べて、御初穂料と書いたのし袋または白封筒で渡す方が良いでしょう。
5 家族の思い出に残る、とっておきの七五三を楽しんで下さい!

先輩ママの体験談 七五三お宮参り 成功談・失敗談

香椎宮撮影スポット

衣装・レンタル

お子様の撮影用着付け・ヘアーメイク 無料

(ひと家族1名様は無料です. お2人目から男の子¥1,500・女の子¥3,000です) お客様のお着物の持ち込みも大丈夫です

撮影用衣裳一式 無料(普段着でお越し下さい)

(お2人目から使用料¥2,000が必要となります) 着物・ハカマ・ドレス・タキシード・鎧・髪飾り等小物も取り揃えています 小物のみのお貸し出しも致します

お着替え OK (11月の土・日祝日は除く)

お衣裳2着目からは、撮影料¥3.000が必要となります

七五三衣裳ギャラリー七五三衣裳ギャラリー

レンタル

七五三1日レンタル(外出用1泊2日)

(撮影後そのまま、お宮さんに行けます)

3歳女の子 着物セット、3・5歳男の子 羽織・ハカマ ¥6,000より
7歳女の子 着物セット ¥8,000より
  • お着物によって料金が変わります
  • 足袋はご用頂くか、当店店にて¥600での買い取りとなります
  • 前撮りをされて、別の日にレンタルされる場合、レンタル日のお支度は致しておりませんので、お着物のみのお貸し出しとなります
  • 小物のみのレンタルもできます(詳しくはお訊ね下さい)
  • ご撮影された方の特別料金となっていますので、撮影をされずレンタルのみのお受け付けは致しておりません
撮影のみ衣装を借りられる方

撮影当日にお衣裳を選んで頂きます。事前に上記お衣裳ギャラリーにて2〜3点に絞られてご来店頂くとスムーズになり、お子様の負担が少なくなります 一式ご準備していますので、普段着のままご来店頂いて大丈夫ですがいつも着ている肌着(タンクトップ・キャミソール・半袖)をお持ち下さい

お出かけ用に衣装を借りられる方
レンタルされる1週間前までに、お着物を選びにご来店下さい。 撮影中はご対応できない場合がありますので、お手数ですがお電話にてご連絡をお願い致します。撮影当日は肌着のご準備をお願いします